ウェブサイト
https://trendtube.wdeco.jp/playlist/?query=%E7%8A%AC%E3%81%AE%E3%81%97%E3%81%A4%E3%81%91
犬種別特徴としつけ方の基本
ペットショップに行くと、多くの種類の子犬たちがガラスケースの向こうから見つめていますね。店員さんに抱っこさせてもらってすぐ、「この子に」と決めてしまう人が多いのではないでしょうか。

しかし、犬の種類をどう選ぶのか、じっくり決めないと飼い主だけでなく犬たちも不幸に追いやってしまいかねません。犬を飼う側の住宅や労働条件、収入、家族構成を考慮したうえで、どんな種類の犬を選ぶのがふさわしいのかが決まってきます。

たとえば、人気のトイプードルやミニチュアダックスフントの小型犬は手軽に飼えそうなイメージですが、意外と無駄吠えを抑えるしつけ方が難しく、ペット可のマンションやアパートでもトラブルの原因になっています。

大型犬は飼い主に忠実で満足感が高いと評判です。ただ、かしこ過ぎるために場合によっては手に負えなくなる事例もあります。もちろん、体重が増えればそれだけ食事代や予防注射などの医療費、ペットホテル代などもろもろの費用がかさんできます。

家の中で飼うためのスペースや移動のための車、長距離の散歩を毎日こなす体力など、あらゆる条件への対応が迫られます。とくに、小さな子供がいる家庭で大型犬を飼うことは避けるべきでしょう。

では、どんな種類を選べばいいのでしょうか。